歌島へ

岡崎に住んだら絶対行こうと思ってた神島へ行ってきた。

画像


伊良湖岬まで車で行って、高速船「かみしま」で約15分。

画像


「歌島は人口千四百、周囲一里に充たない小島である。」という書き出しで始まる三島由紀夫の「潮騒」の舞台である”歌島”のモデルがこの神島なんです。
原作は中学生のときに読みました。
当時、山口百恵さんの熱狂的ファンだった山田少年が、映画「潮騒」を観たことで、三島文学に手を伸ばすキッカケになったわけです(笑)

画像


神島の名所巡りは登山でした💦
足腰の弱い方には決してオススメできません。
この綺麗な蝶々がたくさんいました。
見たことの無い蝶々だなー

画像


巨大ミミズにびっくり!
足の大きさと比べてみて。

画像


「神島灯台」
日本初の白熱電球を光源とする灯台という事です。
ここへたどり着くまでに山道をかなり登ってこなくてはなりません。

画像


「監的哨跡」です。
「潮騒」の物語のランドマークだよね。
むちゃくちゃしんどい行程だったけど、流石に感動しました。
しかしながら、逢引にここまでやってくる新治と初江・・・・逞しすぎる!^^

画像


「神島カルスト」
石灰岩が風化してできた白い岩々。
とても綺麗でした。
岩場へ降りてずいぶん歩いたなー
その前の登山の影響で太ももがプルプル痙攣して大変だったけど💦

画像


「八代神社」
200段を超える石段・・・とどめですな^^; 登ったけど。
ここで手を合わす浴衣姿の百恵ちゃん、可愛かったな~

画像


これはね、三島さんが「潮騒」の取材で訪れた際に1カ月間滞在したという寺田さん宅。

画像


そうそう、小さい島なのでバイクが重要な移動手段のようだったんですが、朽ち果てたナンバープレートもそのまま。 また、神島でのヘルメット着用率は私の見る限りゼロでした^^
良いなー おおらか!

画像


旅を終えて見れば、なんだか終始中学生の自分と向き合うような旅でした。
こういう旅は一人旅で正解です。
良い旅だった。
神島では昼食をとれるところも無かったので、伊良湖に帰ってから美味しい刺身定食を頂きました。
これがまためっちゃ美味かった!
明日は筋肉痛必至です(;´Д`)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック