ガレキの呼吸・伍ノ型★ドゴラ製作レシピ

原型師・杉田知宏によるドゴラ製作レシピをお送りします。

ガレキの呼吸・伍ノ型「雲外蒼天」

始まりは「製作記を書いてくれ」って団長からの一言でした。
でもね、私、写真撮りながら製作するのが苦手でして・・・(^^ゞ
それでも何とか製作にあたって一通りの事は書き終えたと思っております。
今更ですが「鬼滅の刃」にはまってる私。特に意味は無く鬼滅風に項目を分けましたが、
特に弐ノ型「心ノ臓」は本キットを組み立てる基本の「型」。
「軸打ち」「接着」「隙間埋め」「塗装」はクリアキット故の方法を考えたつもりですが、
まだまだ良い方法があると思いますし、ガレキ柱さんたちがもっと凄い方法を知っていることでしょう。
まぁ~この方法でも画像ぐらいの完成までは出来ますので、参考にしてみて下さい。

2005年、冬のWf。私は、レジンシェフとうけけ団というディーラー目当てに寒い中、長蛇の列に紛れて並んでいました。
やっとそのブースに辿り着いき、お目当ての「ドゴラ」を目にしそして購入・・・というわけにはいきませんでした。
「今日の販売はないんです。ごめんなさい。」ってブースの内側でじりさんがすまなそうに言ってたっけ。
あれから15年。何故か私はレジンシェフとうけけ団で原型を作ってたりして・・(^^ゞ
じりさんと「ドゴラ製作委員会」を発足し、どうやって商品化するか。どこにどの素材を使用するか、問題点は?・・・など結構マジにディスカッションしましたね。
それでも実際製作すると色々と不具合も出てきたりして試行錯誤の連続。
「やっぱ難しいのかな~」なんて天を見上げた事も・・・。
でも何とかここにキット化できて本当に感無量です。
色々な方の手助けも得ましたよ。
特にG-Worksの石橋さんには助けられました~。
石橋さんがいなかったらこのキットは出来ていなかった・・って言っても良いぐらい。
感謝、感謝ですm(__)m
そんな色んな事を思い出しながら、考えながら、
今、組みあがったドゴラを見ながら一杯やってます。
これが私の至福の時なんです。
大人のガレージキット鑑賞法・・ってヤツかな。

2020年12月13日  
レジンシェフとうけけ団
杉田知宏

0001928M.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2020年12月14日 22:39
とっても勉強になってます。
このキットでいろんなことに初挑戦、杉田さんのこの呼吸のレシピがとっても心強い味方です。
僕は豪華客船を持ち上げるジオラマにする予定です。
ポスターの二代目ニューアムステルダム号のプラモがないので、さんふらわあ号の煙突が2本タイプ(1/700)を、白い船体に太陽マークではなく、ニューアムステルダム号ぽい豪華客船風に塗装する予定です。
うけけ団長
2020年12月15日 08:49
コメントありがとうございます。
客船持ち上げドゴラ!めっちゃくちゃ楽しみです^^
完成画像を貴ブログで拝見できる日を楽しみにしております!