あけましておめでとうございます。

ずいぶん遅くなっちゃいましたが本年もどうぞ宜しくお願い致します。

さて、元日の山家の行事は毎年決まって映画鑑賞です。
今回は「永遠の0」と「ゼロ・グラビティ」のゼロ対決となりましたが、
家族の中でおれは野党だ・・・で、結局こうなる。と、リリーフランキーよろしくですが、

画像


「永遠の0」

いやいや、私も実は観たかったんですが、
号泣系だと聞いていたもので・・・
私、寄る年波にハンパ無く涙腺が弱いもので、
終わった後で家族から突っ込まれるのが判ってるもんですから、、、

が、しかし!
ふたを開ければ全くきませんでした( ̄▽ ̄)
っていうかハッキリ言って大コケもいいとこ。
近くの席で号泣されてる女性がいたりもしたんですが、
私の琴線にはかすりもしなかったです。はい。
ただ、ゼロ戦の描写は良くて、円谷英二さんがこのシーン見たらどう思うんだろなー
なんてことを考えておりました。

で、本日、末っ子の塾の送り迎えの間を縫って・・・

画像


「ゼロ・グラビティ」

私の友人が”観るなら吹き替え&3Dで!”とアドバイスくれてたんですが、
TOHOシネマズではその組み合わせの上映が無くて、やむなく字幕3Dで観ることに。
こんなに映画館で映画観て満足したのは何年ぶりだろう?・・ってくらいの大満足!
これぞ映画!大興奮!
ただ、3D観る時の字幕ってめっちゃ邪魔・・・というか画面に集中できませんねー
友人のアドバイスが身に沁みました。
破片が飛んでくるシーンでは思わず頭をよけたり、
足踏ん張ってしまったりともう大変でした(;´∀`)
ずっとずっと、こんな映画が見たかったのよ~
最近の映画のVFXって”凄い感”を押し出してるだけで、実を言うと完全に飽食気味でした。本作も凄い映像を作り出してるんですが、適材適所って感じで実にバランスが良い。本来”特撮”ってものは裏方なんですよね。
出演者がふたりだけってのも良いじゃないですかー 全編ひとり芝居に近いし、宇宙での孤独感を一層際立たせていたと思います。
声だけの出演ですが、あの100%エド・ハリスが起用されてるってのもウヒヒ!でした^^

ま、映画なんてしょせん観る人の好みの問題だと思っておりますんで、
くれぐれも”ゼロ対決”の際の参考にはしないでくださいね~

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック