「おおかみこどもの雨と雪」の音楽

画像


やっとサントラを手に入れた。
DVDもリリースされ、もう数回観たけど、
やっぱこの映画凄く良い。
「2度目に観る方が更に良い!」
これ、自分にとって細田作品に共通する法則。

そして高木正勝さんの音楽。
今こうしてPCに向かってる時も、
車に乗ってる時も、ウォークマンつけて歩いてる時も、
このところずっと高木さんの音楽に包まれてる。
高木さんって京都の亀岡に住んでられるんだ!
ぼくは映画のサウンドトラックを聴くのが凄く好きで、
たくさんのCDを持っているけれど、
その中でもこのCDは宝物のひとつになった。

人は年齢を重ねるほどに涙もろくなるっていうけど、
それは経験の量に比例するんだって、昔ある人が言ってました。
経験したことが多いほど、映画やなにかを観たときに、
ああ、そうだったな・・・なんて心がリンクしちゃう頻度が増えるってこと。
その通りだと思う。
この映画には、そういうリンクが溢れてる。

勝気な姉と甘えたな弟の幼少期は、
何だか自分の子供たちの小さかった頃を思い出す。
弟の”雨”がね、特に壺。
”雨”を見てるだけで、なんか視界がうるんできちゃいます。

この映画、良いなって思った方は、ぜひサントラも聴いてみて!
映画のなかに何度でも戻って行けますよ。
「おかあさんの唄」には、この映画の全てが詰まってるしね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック