最近観た映画いろいろ

時間が空けばいろいろと観てました。

画像


カッコいい亀梨ベム・似てる杏ベラ・可愛い福君ベロというキャスティングがお気に入りでTVシリーズは欠かさず観てた「妖怪人間ベム」。
でもこれ、劇場版でやる価値がどこにあるの???ってなお粗末感120%、、、
こういう作品を見るとね、鑑賞料もさることながら映画館までの電車賃がもうもったいなくてもったいなくて、、、
子供時代にアニメ版観てた世代としては、あの薄ら物悲しい最終回を期待した人も多いんではないかと思うんですが、まだまだ引っ張るつもりみたいですね~
そうそう、映画観ながら原口なんとかっていう物まね芸人が、えらい大役やってるなーって最後まで思ってたんですが、エンドロール見てそれが中村橋之助と判明(笑)

画像


妖怪人間の口直しにと観に行った「レ・ミゼラブル」
今更ミュージカルって何だか無理!って思っていたので、まぁある意味チャレンジです。
映画が始まり、私としてはセリフがあり、時々それが歌になる・・・ってなつもりだったんですが、なんとまぁほとんど全て歌ではありまへんか!?
やっぱ無理無理無理!!どうしても映画の中に入って行けません。
あーなんでこんな映画観に来てしまったんだろう?良い話なんだから歌は舞台に任せて普通のドラマにすりゃ良いじゃん!・・・なんて後悔しきりだったんですが・・・・・気づけば終盤ボロ泣き(笑)
なんか魔法にかけられたようです。いったいなんだったんでしょうか?

画像


続いては「フランケンウィニー」
大好きなティム・バートンのストップモーションもの。
ただただ満足^^
なんとなんと、この作品にはガメラまで登場するんです!!


画像


さて「東京家族」です。
大好きな山田洋二監督作品ですから見逃すわけにはまいりません。
この作品はあの小津安二郎監督をリスペクトしているという事なんですが、私、恥ずかしながら小津作品って唯の一本も見たことがないんですねー
思えば前作の「おとうと」も市川崑監督をリスペクトした作品だったんですが、続きますねー
私は山田監督なんて逆にリスペクトされるべき存在であって、我が作品をどんどん作って頂ければ良いと思うんですが。
「おとうと」を観たとき、私は「これは寅さんにサヨナラする映画だな」なんて勝手に思いました。
渥美さんが亡くなって、風のように寅さんは旅の空に消えちゃったけど、山田さんなりにひとつの終止符を「おとうと」で打ったのかな?なんて本当に勝手に思ってしまいました。
あ、話がそれちゃってますね。
「東京家族」素晴らしかったです。
こんな映画をもっと観たいな~

画像


「プロメテウス」これはレンタルで。
なんせ異様に評判が悪かったので、結局劇場では観ずでした。
たしかにリドリー・スコットが描く「エイリアン」の前日譚って胸ふくらませて劇場へ赴けば、期待外れになったかも知れませんが、散々悪評を聞いたうえで臨めば結構楽しめましたよ。
私は続編、是非観てみたいっす!

画像


「ダークナイト・ライジング」こちらもレンタルで。
まずはあの「太陽の帝国」のクリスチャン・ベールがあらあらこんなに大きくなって・・・が前作からの感想なんだけど(笑)アメコミ系の映画のなかで(もちろんバットマンシリーズのなかでも)異彩を放ってますよね。
私は好きです。
「仮面ライダー」の1号編をこんな感じで映画化してくんないかなぁー なんて思います。
ロビンも登場したから続くのかな?

画像


最後に「ステキな金縛り」
これはケーブルテレビでやってました。
三谷幸喜監督作品って、どれもこれも笑いきれなくてなんだか長~く退屈な落語を聞かされてるようで全く好きじゃなかったんです。
が!本作は私的に激壺!
終始ゲラゲラ笑いながら最後まで楽しめました。
なんといっても更科六兵衛役の西田敏行さんがハマりすぎ!
尚且つ(私が大ファンだからなのかもしれないけど)深津絵里さんが素敵すぎ!!!
笑いの壺は人それぞれですから一概には言えませんが、今まで「三谷は面白くねぇ」って敬遠してた方々は是非ご覧になってみてください^^
で、なんと三谷監督の次回作には更科六兵衛が出るんだって!
今度は劇場へ行ってしまうかもです^^

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック