日々是好日

アクセスカウンタ

zoom RSS キミは金城哲夫を知っているか?

<<   作成日時 : 2011/02/09 23:29   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

WFも無事終わったと思ったら、またまたイベントです!

画像


金城哲夫さんの没後35年追悼特別企画として、徳島にて講演会が開催されます。
題して「脚本家・金城哲夫 特撮とドラマを初めて融合させた人」。

金城哲夫さんは、ウルトラQ、ウルトラマン、ウルトラセブンなど、
TVにおける怪獣黎明期から黄金期に活躍された脚本家。
彼の作品には印象深いものがたくさんあります。

ウルトラQではたとえば「火星からの贈り物」

画像


火星からロケットが持ち帰った玉が実はナメゴンの卵で、
熱によって孵化したナメゴンが人間を襲うという話です。
ナメゴンはその名の通りナメクジの怪獣で、最後はあえなく海水に溶けてしまうんですが、
ラストに石坂浩二さんのこんなナレーションが流れます

「次に地球を襲うのは水を吸ってどんどん巨大化していく怪物かも知れません」

どっすか?このシメかた!

ウルトラマンでは「恐怖のルート87」

国道87号線で、ダンプカーが次々と怪獣に襲われるという事件が起きるんです。
その怪獣「ヒドラ」は、実はその国道でダンプカーにひき逃げされた少年が
生前にデザインしたものだったんです。
やがてヒドラとウルトラマンは戦い、飛び去ろうとするヒドラにスペシューム光線を撃とうとすると、

画像


ヒドラの背に少年の姿が・・・

画像


ウルトラマンは手を解き、ヒドラを逃がすんですねー
このとき(これはちょっとマニアックだけど)あのウルトラQの名曲「冥府の鳥」が高らかに鳴るんですよ!
まるで少年の冥府への旅を祝福するように。

ウルトラセブンでは「ノンマルトの使者」

画像


海底開発を妨害する侵略者が、実は地球の先住民だった、というお話。
先住民の存在があって、地球人の立場は完全に逆転してしまうんですね。
地球人がまさに侵略者であって、ウルトラセブンはその片棒を担いでいる。
物語はノンマルトが先住民だったと確定はせずに終わりますが、
「何が正義か?」という重いしこりを当時の子供達の胸に残した作品でした。

こちらでシナリオが読めます

他にもね、名作と語り継がれる作品を本当に多く残した方です。
転落事故でなんと37歳という若さで亡くなりました。

そんな金城さんの軌跡をSF研究家でありフリーライターの池田憲章さんが語られる2時間です。

尚、会場にはこのイベントのサポーターであるフクロムシさんの関連フィギュアの展示もあります。

「徳島かぁー 遠いなぁー」なんて仰らず、
是非とも参加して頂いて、皆であの日に戻りましょう!

わたしももちろん駆けつけますぞ!

「脚本家・金城哲夫 特撮とドラマを初めて融合させた人」

日 時:2月27日(日) 14時半から16時半
会 場:3階多目的ホール 入場無料
講 師:池田憲章(SF特撮研究家、日本SF作家クラブ会員)
演 題:「脚本家・金城哲夫 特撮とドラマを初めて融合させた人」
主 催:北島町立図書館・創世ホール
共 催:海野十三の会
特別協賛:金城哲夫資料館(沖縄)、特撮リボルテック
協 力:レジンシェフとうけけ団
後 援:徳島新聞、朝日新聞徳島総局、毎日新聞徳島支局、読売新聞大阪本社、四国放送、NHK徳島放送局、FM徳島、FMびざん、キューテレビ、テレビトクシマ、あわわ、アーサ、050、さらら、タウン情報CU*、タウン情報トクシマ、夢人塔

■1976年2月26日、故郷・沖縄の病院で金城哲夫(きんじょうてつお)は息を引き取った。23日に不慮の事故にあったのだ。享年37。あまりに短い生涯だった。
だが金城が築いた円谷プロの初期ウルトラ・シリーズのみずみずしさは、近年ますます輝きを放っている。
聴覚障害の青年五郎の友人・巨大猿ゴロー、交通事故で死んだ少年の守り神・高原竜ヒドラ、天涯孤独の少女を見守った伝説怪獣ウー、そしてけなげな友好珍獣ピグモン・・・。
金城哲夫の作り出した哀切の物語は、奇跡のように、今もなお私たちの心を激しく震わせてやまない。
「ウルトラQ」「ウルトラマン」「ウルトラセブン」「快獣ブースカ」「怪奇大作戦」など円谷作品の王道路線を敷いた金城は、本土と故郷・沖縄の狭間で深く傷つき、苦悩した。
その金城の人と作品について気鋭の研究家・池田憲章が、今渾身の情熱を注いで熱く語る! 貴重な機会です。多数、ご参集下さい!


フライヤーはこちらからダウンロードできます。

フライヤー(表)
フライヤー(裏)



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
キミは金城哲夫を知っているか? 日々是好日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる